臨床における研究の進歩、普及を図り、もってわが国における再生医療の発展に寄与します。

本学会は、「再生医療の進歩、発展及び育成を図ると共に、人体の構造・機能の老化現象について、軽減、修復、予防する方策を主に臨床医学的に研究し、医学の発展に寄与すること」を目的とします。
「再生医療」とは、機能障害や機能不全に陥った人体組織・臓器に対して、細胞を積極的に利用して、その機能の再生をはかるものであります。
誰もが常に「いつまでも若々しく健康でありたい」と望み、それを叶えるのが、再生医療を用いたアンチエイジング医学だと本学会では考えており、究極の予防・再生医療の発展に注力しております。
「再生医療」は、臨床医学、基礎医学以外に分子細胞人物学、発人工学、細胞工学、組織工学、材料工学等、さらに、人命倫理学、法律学、医療経済学等を包括して成立する領域であります。
私たちは、それらを踏まえ、更に先端医療としての倫理面と安全性を加味しながら、国内外の専門各分野の学会や関連団体とも密接な連携・提携を行い、安全・効果的な世界水準の治療を確立し、人類の健康増進に貢献できればと考えます。

理事紹介
学会がいよう